自立したお肌をめざしたい人におすすめの方法



〜2017年8月18日最新更新:

スキンケアとしてのお肌、特にフェイスに関して、もうものすごい数の化粧品や方法があふれています。それが当たり前になってしまいました。

それらのなかでもいろいろなものがあって、表面を保護したり、不足分を補ったり、さらには「効く」と言われる薬品を塗ったり、いろいろなスキンケアの方法があります。

最近の「機能性化粧品」というのもありますね。

「スキンケアはいまどうなっているかしら、そろそろ新しいものを投入してみようかしら」

安いものならまだしもそこそこのお値段だったらなおさら、そして、そのためにお肌の調子がかえって悪くなってしまったら元も子もありません。ので、いろいろと調べたりしていきます。

が、検索しても、雑誌で見てみても、デパートやドラッグストア、自然化粧品店などへ足を運んでも、おしゃれな街をブラブラしてみても、あまりのたくさんの化粧品、あまりにたくさんの情報。

どれがいいのか、わかるわけがなく、どれがよくないのかもわかるわけもなく。。。

そのなかから、やっと(ここまでにいったいどのくらいの時間と労力が・・・)選んで。

これが、いつもの調子のお肌、だいたいトラブルもなく不満のないお肌の状態の時に、新しいスキンケアを試すのだったら、まだいいのです。

が、こういうことが起きる=なにか新しいスキンケアを試したい!試さねば!と思ったときは、だいたいにおいて、なにかお肌に悩みや不満が出ていることが多いのです。

お肌の調子だけではなくて、からだの不調から肌トラブルが発現している場合もあります。

そういうときに、仮にその新しいスキンケア商品がとてもよくて(合っていて)本来ならふさわしい商品であったとしても、その低調なお肌にぴったり合うとは限らず、かなりの確率で、ダメ!なことになっていく、残念な出会いになりがちです。





また、仮にその新しいスキンケア商品がとてもよくて(合っていて)そのときにピッタリ、お肌の調子が上向いてきたとします。

それでも、からだ全体の調子が整っていなくてはその場限りの対処法になってしまい、こわいので、ずっと使い続けるかそのケアに頼らざるを得ないお肌になっていってしまいます。

この見極めがとても難しいので、できたら化粧品のスイッチは、お肌の調子がよいときにします。

さらに、機能性のスキンケア商品は、補助として、お肌自体にしっかりとした基本のことができている「自立したお肌」をまず育てていくと、悩みはとても少なくなると思います。

自立したお肌は、ちょっとの疲れやストレス、からだの不調などにも左右されることが少なく、つやつやしていてハリのある状態を保つパワーをもっています。

また、たとえ一時的にバランスが崩れて肌の状態が悪くなったとしても回復がとても早く、すぐにもとのキメの整った肌に戻ることができるか、その回復期間が短くて済みます。

「いつもきれいなお肌ね」と言われるひともストレスや疲れがないということはあり得ませんね。

そういう人はお肌のパワーが強くて、自立しているんですね。

(モチロンうらやましいことに元々「美しいお肌」の方もたくさんいらっしゃいますが)

なかから輝くようなパワーのあるお肌をめざしましょう。

ハーブはとてもこういう分野、言ってみれば
「自分のなかから本来のちからを引き出す」
ことが得意です。

ハーブティ、ハーブバス、そしてスキンケアにわたって
それぞれに特徴のある効果的な使い方で、自然にナチュラルに美しく力強い「美肌」を手に入れていただきたいと思っています。