見分けにくい植物(2):マリーゴールド・キンセンカ・カレンデュラ、違う?同じ?



マリーゴールドはハーブか?

マリーゴールドは、華やかなオレンジ色の花で、ドライハーブにしてもそのオレンジ色がきれいに残るので目を引きます。

ハーブティーにすると味わいもあまりなくて、しかも香りもあまりないので、当然、飲み心地がいいとか悪いとかもあまりなく印象の薄いのみ心地です。が、効能がすばらしいのと、この色あいのきれいさで、お好きな方も多いのではないでしょうか。

ドライハーブのブレンドでもマリーゴールドが入っていると、ちょっと華やかですてきです。ポットのなかでゆらゆらするマリーゴールドの花びらは優雅です。

 ところで、このマリーゴールドは、いろいろな名前があって、そのことを考え出すととてもややこしい花です。でも、この名前が大事で、いろいろな場面においてしっかりわかっていないと戸惑うことになったりします。さらに、園芸店へ行っても迷った末、鑑賞用を買ってきてしまって、そのお花をハーブティーにしてしまう可能性もあります。

ここでは、なるべくわかりやすいように、マリーゴールドの名前についてご説明してみたいと思います。

 学名で判断する

まず、ハーブとしてのマリーゴールドは、学名がCalendula officinalisです。園芸屋さんでマリーゴールドっぽい植物を発見したとして、札がついており、しかも、ちゃんと学名がこのように書かれていたら、まず信頼していいと思います。学名のあるのとないのとあったらある方を(ちょっと高くても)選びたいです。これはマリーゴールドに限らず、ハーブを選ぶときには覚えておくといいと思います。officinalisは薬用のという意味です。

そして、ここまで書いてなんなのですが、このマリーゴールドという名前がそもそも混乱を呼んでいると思うのです。本当は、マリーゴールドというのはぽんぽんと丸い感じのこぶりのお花で、鑑賞用です。

こんな感じ。

マリーゴールド
いわゆるマリーゴールド。(万寿菊・マンジュギク・マリゴールド)園芸用。キク科コウオウソウ属(マンジュギク属)。学名:Tagetes だいたい一年草。

これは鑑賞用。ハーブではありません。のに、マリーゴールドと言うのです。これはハーブの方が、ポット・マリーゴールドという名前であるのですが、それがあまり書かれていなくて、ただのマリーゴールドになっているからややこしくなっているのですね。上記の鑑賞用(草花として栽培されるタイプ)マリーゴールドは、学名は Tagetes、キク科コウオウソウ属(マンジュギク属)です。

ちなみにこの鑑賞用(しつこいですが何度も読んで覚えてもらえたらうれしい)マリーゴールドも品種がさらに多くていろいろあります。姿形を頼りにせず、名前の言い方や学名を確認した方が将来の品種改良の可能性も含めて安心だと思います。

代表的な品種(鑑賞用マリーゴールド):
アフリカン・マリーゴールド Tagetes erecta 和名:センジュギく(仙寿菊)、サンショウギく(山椒菊)
フレンチ・マリーゴールド Tagetes patula 和名:コウオウソウ(紅黄草)、クジャクソウ(孔雀草)、マンジュギク(万寿菊)
メキシカン・マリーゴールド Tagetes tenuifolia 和名:ホソバコウオウソウ、ヒメコウオウソウ
レモン・マリーゴールド Tagetes lemonli

 要するに園芸店でマリーゴールドと言っていたら、それは園芸種=鑑賞用です。





 カレンデュラ=ポットマリーゴールド=キンセンカがハーブ

ハーブの方は、同じキク科でもカレンデュラ属で、属が違います。このカレンデュラという名前は別名としても使われていて、これがハーブの呼び名で一般的になりつつあります。カレンデュラと書いてくれるとわかりやすくてよろしいです。

ハーブのカレンデュラ=ポットマリーゴールド このふたつのお花は同じところで同じ場所にあったのだけど、どう見ても違う品種のような気がする。
ハーブのカレンデュラ=ポットマリーゴールド キク科カレンデュラ属 このふたつのお花は同じ園芸店で同じ場所にあったのだけど、どう見ても違う品種のような気がする。左はたぶんPORCUPINE(ヤマアラシという意味)。

PORCUPINE

ハーブのマリーゴールドは、名前の前にポットがつきます。本当はポット・マリーゴールド(英名)です。「ポット」というのは、食用にできる山菜・野草といった意味。

さらに、和名はキンセンカです。漢字は金盞花金。花の盃という意味で、花の姿に由来します。トウキンセンカ(唐金盞花)と言うこともあります。トウキンセンカのトウは唐から来たという意味らしいです。トウキンセンカといってハーブとして(区別しているつもりかもしれないけど不明)売っている場合もありますが、キンセンカとトウキンセンカは同じものなので意味はなく、考えなくていいと理解してしまうとよいと思います。

このキンセンカという名前はさらにややこしくなっているのですが、もともとカレンデュラ・アルウェンシス(学名:C. arvensis)という後述する品種に付けられた和名です。牧野富太郎という有名な植物学者によってホンキンセンカと改称されましたが、あまり使われません。ヒメキンセンカとも呼ばれ、まだこちらの方が知られた名前です。これもあまりにややこしすぎるので考えなくていいと思います。

これは上記のキンセンカとは違い、寒咲きカレンデュラとか、冬咲きキンセンカとか、フユシラズ(冬知らず)とかいいます。(耐寒性があって、冬に元気だから。でも夏を越せなくて枯れるので一年草扱い。寒冷地では路地で夏越え可能)

これは、大きなキンセンカ=ポットマリーゴールド=カレンデュラの花とは違って1.5センチから2センチくらいの小さいキンセンカ様の花が咲きます。アルウェンシスは「田畑に生える」という意味で、ヨーロッパでは雑草です。強健で花の少ない冬にもよく開花してくれます。

これ。

 

フユシラズという名前で園芸屋さんで売られていることが多い。
フユシラズという名前で園芸屋さんで売られていることが多い。

 カレンデュラ=キンセンカ=ポットマリーゴールド=ハーブは、エディブルフラワーで、花びらを一枚一枚にばらして、サラダやスープなどのトッピングに使うことができます。が、また品種が恐ろしく多いので、購入する際は、ひとつひとつ確かめてから。

カレンデュラについてはこちらにも書いています。