簡単気軽にエンジョイライフ~秋空のように目もすっきりと#11



 澄んだ空が嬉しい季節になりましたが、夏の強烈な紫外線の影響でしょうか。最近になって、特に目の疲れを感じます。この間は、朝起きたら右目の視界に浮かぶ糸くず状のものがやけに増えていて、びっくりしました。この黒い小さな糸くずっぽいのは飛蚊症のせいとは分かっていましたが、それでも急に増えたことが少々不安だったので、病院で検査をしてもらいました。幸いなことに網膜には何ら異常なし。「まぁ、加齢に伴ってどうしてもこうなりますから」とのことで一安心ではあったのですが、やはりこのまま「年のせいだから」でおめおめと引き下がりたくはない! せめてこれ以上悪くはならない方法はないものかと思い、ヨガのインストラクターをしている友人から目のエクササイズを教えてもらいました。

 

 エクササイズは基本3種。1.目をぎゅっとつぶってパッと大きく見開く。2.顔は真っ直ぐ前を向いたまま、目玉を上、右、下、左と動かす。(でっきるだけ上、でっきるだけ右端の方、と一生懸命動かす!)3.同じく顔は前のまま、目玉をおおきくゆっくり右回り、次に左回りさせる。この3動作を計5回。これをできれば1日3セット。どうしても、パソコンやスマホ画面を見続けることが多い方は、気づいた時に画面からちょっと目を離して、ぎゅっとつぶってパッ、とか、右にぐるり左にぐるり、だけでもやってみると良いのではないでしょうか。

 owl

 さらに気持ちの良い温湿布をプラスするのがおすすめです。「疲れ目や充血などに効くハーブの浸出液に布を浸して、目の上に置いて10分ほどリラックス」とハーブの本に書いてあったので、早速試してみました。ハーブはマリーゴールド、フェンネルなどいろいろと効果があるようなのですが、もらったまま手つかずだったカモミールのティーバッグがあったので、それを活用することにしました。ガーゼタオルをカモミールティに浸し、よく絞ってまぶたの上において横になっていると、香りに誘われて気がついたらうとうとしていました。

 





ドライ(乾燥)ジャーマンカモミール
ドライ(乾燥)ジャーマンカモミール

 ちなみに、疲れ目対策には温湿布、冷湿布いずれの方法もあるのですが、私は断然温湿布派です。夏でも疲れた時には、レンジでチンした温かいタオルを目や首の後ろにあてていました。温かいお茶を飲んだ後、空になった湯呑やカップをまぶたにあてて、即席温湿布をすることも。炎症など起こしている時は冷やすのが効果的ですが、疲れた、だるい、すっきりさせたいという時は、どうもむやみやたらに冷やさない方が体全般の調子はいいようです。

 

 ブルーベリーやルテインなど、目に効くサプリもいろいろ出ていますが、もう少し積極的に自分で自分の体に関わるつもりで、簡単エクササイズを続けてみるつもりです。衰えはいかんともしがたいもの。無理に抵抗するのではなく自然の成り行きは受け止めつつ、できる範囲でがんばってみようかなと、迫りくる誕生日を前に思う今日この頃でした。

「文筆屋」 大武 美和子 

nenga_hanko_1417323064219