簡単気軽にエンジョイライフ~ひとさじ効果#14



 季節外れの暖かさや予想以上の冷え込みに、何度も翻弄された今年の冬でしたが、それでも季節はめぐって、桜の開花が待たれる時期になってきましたね。仕事や学校の切り替わりの時期でもあり、気分一新モードが高まっている方もたくさんいらっしゃるでしょう。

 

 気分一新、まるごと刷新、思い切りリセットは気持ちの良いものですが、なかなか気力も体力も必要とされるもの。最近は、「ちょっとだけ変える」「ほんの少し新しくする」の方法をとることが多くなってきました。私はこれを「ひとさじ効果」と呼んでいます。

 

 たとえば、新しく春の洋服まで予算がとれないなら、春色のハンカチ、アクセサリーを探してみます。豪華なバラの花束を飾らずとも、一輪挿しに好きな花を一つ。それだけで、気分は春になります。インテリアの総とっかえは大変ですが、ソファーにかけている毛布をコットンにして、あとは色や柄の楽しい豆皿で食卓に春を呼び込みます。旅行も、なかなか時間や事情の都合がつきにくいものですね。それならば、いつものバスや電車で知らない町に行ってみる。買い物のついでに、いつもとは違う道を歩いて自分なりのお花見スポットを探してみる。

 

 仕事でも、この「ひとさじ」を取り入れます。マルチタスクにつぶされそうになったら、とにかく一つ片づける。「優先順位をつけて」が望ましいのですが、それすら間に合わないほど差し迫った件が色々と重なってくることもあります。そういう時は、一番すぐにできそうなこと、簡単そうなことから、とにかく一つ片づける。端っこからコツコツ手をつけていけば、必ず先の光が見えてきます。





 

 全部を変えるのではなく、部分を新しくする、変化させる。「いつも通り」のほんの一部を変えてみる。すぐに全体をまとめようとするのではなく、できるところから一つずつものにしていく。頑張った後は、ご自分への「ひとさじ」のご褒美もお忘れなく。ご褒美も「ひとさじ」がポイントです。やりすぎるとクセになりますから(笑)。

 

 いろいろな「ひとさじ」をためしてみてください。

「文筆屋」 大武 美和子

nenga_hanko_1417323064219