ストレスでいっぱいいっぱいのときには、ハーブティーが助けてくれる。



つい最近、ちょっとストレスが溜まる(たまり続ける)ような出来事が突発で発生し、ハラハラ・ドキドキの日々を送りました。

心配事のようなものですが、それだけではなく肉体的にも毎日ハードな状態だったので、疲労も重なっていました。

こういうときには、足腰が痛いし(歳もあると思いますが)頭痛もあって、自律神経も弱っている感じがありました。当然、食欲はなくなり、夜も眠りにくく、夜中も目が覚めます。

そんなとき「はたと思いつき」ハーブティーをいつもそばに置いて(水筒に作り、持って歩いた)気がついたときに飲めるようにして、朝昼晩。

「はたと思いついた」というのは、日頃からハーブティーを飲んではいたのですが、試飲がおもで、だから仕事で(風味などを診る感じなので、飲み方がぜんぜん違う)、自分のからだとこころが欲しているようなハーブティーは、ほんとうにずっと作っていなかったから、

それを思い出したのです。

久しぶりに、いまはこれだ!と思うブレンドを、とにかく飲むようにしました。

ラベンダーとローズマリー(元気がなかったので)を基本にして作りましたが、最初の数日は、ジャーマンカモミールもたくさん入れていたので、味わいがちょっと複雑化していました。(風味は二の次ブレンドハーブティー)

ラベンダー、ローズマリー、ジャーマンカモミール

こういう非常時?でも、うちのブレンドハーブティーがあるとそれにもっと欲しいハーブをプラスすることで、簡単にカスタマイズできます。

なみきハーブティーは、大きなティーバッグに入っていますので、ポットか大きめのマグカップにティーバッグを入れて、お湯を注ぐだけです。

そのときに、もしもカスタマイズしたい(プラスしたい)ハーブがあったら一緒に入れてしまいます。急いでいるときには、お好みの濃さになったら、ティーバッグだけを引き上げて、あとはそのままハーブをよけて飲んでしまいます。

時間もかからず、ハーブの内容も半分以上「おまかせ」でできあがっているので、ややこしいことを考えたくないようなときにとても重宝します。





その後、3日くらいで食欲も戻り、眠れるようになり、改めてハーブの威力(底力)に助けられました。

こういうときに、わかりやすいのがハーブの力だと思います。(ちょっといつもではないときや、調子を崩したようなときに)

健康を維持するというのは、いつものベストコンディションを維持しましょうということなので、いつもだと気がつきにくいですが、こころやからだのバランスを崩したときに(いつもじゃないときに)、試したいこと(例えばハーブティーなど)をお試しになってみるというのも、自分のこころとからだに合っているかどうかのわかりやすい実験かもしれません。

このストレスフルな時期は、結局一ヶ月半ほど続きましたが、なんとか乗り切ることができました。傍目には、かなり憔悴していたかもしれませんが、本人はけっこう元気でした。

ハーブティーは、香りも味わいも、きっとこころとからだを休ませてくれると思います。

 

ストレスフルなときにおすすめのなみきハーブティーは、

No.3 リラックスブレンドハーブティー

No.4 ヒーリングブレンドハーブティー

No.12 スペシャルパクスブレンドハーブティー

No.102 スーパーリラックスブレンドハーブティー

No.109 コンフォートブレンドハーブティー