夏の肌荒れについて(かゆみや荒れ、赤みやヒリヒリ感など気をつけたいこと)。



20160729_26041614_s

夏は日焼け対策をしっかりしていれば、あとはまあ、だいじょうぶ、というか、それ以外には、もう気をつけようがないくらい暑いですから、あとはほったらかし、なにもしなくても、お肌もかさつくようなこともないし(見た目)、化粧水くらいつけて終わりで、という方も多いようです。

が、夏になると、顔がかゆい、赤くなる、などの現象が起きる場合があります。

日焼け止めが加わったからか、メイクのなにかが合わないのか、よくわからないまま。

お化粧していますと、あまりいじりたくないので、そのままじりじりとがまんしますが、つらいです。ついに皮膚科へ行くことになったりします。皮膚科では、炎症ということでクリームなどがでますが(アレルギーの疑いの場合、ニキビ・吹き出物の場合、炎症の場合などそれぞれにお薬は変わると思います)、根本的なお話がある場合は少ないような気がします。

この原因は、ご自身から出る汗の場合がとても多いです(違う場合ももちろんあります。皮膚科へ行かれてしっかりと原因はなんなんでしょうと聞いてみましょう)

お肌には、常在菌という細菌がいます。お肌は弱酸性を保っていますが、常在菌がいることで、ほかの雑菌が増殖しないように守ってくれています。

ところが、夏に汗をかくようになると、このphバランスが崩れてきます。大量の汗と皮脂、そのほかの分泌物などは、時間が経つにつれ、雑菌を増殖させていき、さらにそれらが酸化していくのです。この結果、お肌がかゆくなります。赤くなって、盛り上がって蚊に刺されたようになり、無性にかゆくなることもあります。そこが、皮脂のひどいところ、酸化した場所だというわけではなくて、なにかの刺激、たとえばちょっとさわったとか、ハンカチでぬぐったとか、空気中のゴミなどがついた程度の刺激でもなることがあります。なにかのきっかけがあればいいわけです。

さらに、そういうギリギリのデリケートなお肌状態に、クレンジングや強い洗顔料などを使用すると、刺激がさらに刺激を呼んで、いつも使っている化粧品なのに、荒れてしまった、赤くなってひどくなってしまったということになりかねません。

また、逆に、じゃあ洗顔をがんばって、汚れをばっちり落としましょうと、強いアルカリ性の洗顔料(洗浄力の強いものなど)などで洗うと、お肌をむりやり乾燥した状態へ導いてしまい、こんどは弱っていたとしてもせっかくあるお肌のバリア機能を低下させてしまいます。

そして、これもかゆみや赤み、湿疹などを引き起こす要因になります。

普段でしたら、なんでもないかもしれない、スキンケアがお肌に負担になってしまうのです。

こういうときに、そこへ、薬を塗って、かゆみや赤みを抑えましょう、というのも、対処療法としてはアリだと思いますが、根本的な解決にはなりにくいです。

かゆみというのは、アレルギー反応といわれます。お肌が受けたなにがしかの刺激によって、ヒスタミンという成分が分泌されてそれが知覚神経に作用してかゆみを引き起こします。

かゆいときにはなるべくかかないで(難しいのですが)上から押さえるなどでやりすごしたり、氷を当てる(知覚が鈍麻するのでかゆみを感じにくくなる)のも手です。

夏に起きるかゆみ、赤みなどのトラブルについては、汗と皮脂分泌の対策が必要です。

(かゆみ止めの薬を塗ったり、飲み薬(アレルギーの薬が出たりもします)を使うことに反対するわけではありませんので、各個人の責任でお読みくださいね)





根本の対策は「汗をかいたら顔を洗う」です。かゆみ・赤みが出やすい、色白でお肌が弱いタイプでアレルギーなどをお持ちの方は、特に試してみると、案外すっきりときれいになってしまうことが多いです。

家にいる場合は、比較的可能で、こまめに洗うことができると思います。洗うといっても、そのつど、石けんで洗うことはなくて、水でささっと汗を洗い流してしまうだけです。こすらずにやさしくさっと。

すべてきれいにしようとしないで、皮脂も残っていて良いのです。常在菌のことを思い出してください。早めに汗や老廃物を流して(簡単に)おけば、それで最低の清潔は保つことができます。これで、あとはお肌の回復機能を信頼してまかせましょう。

このあと、可能であれば、化粧水をちょこっとつけておきます。目の周り、口の周り、ほほのあたりをなじませ気味にします。

 

外出先でも汗をかきますね。汗をこまめにタオルハンカチのようなもので拭き取ります。そうすると自分では汗を拭き取ったので、そこそこさっぱりしているということになるのですが、お肌はどうでしょうか。さきほど述べたように、お肌の上には汗の結果、酸化した皮脂や老廃物がたっぷりのっていることになります。

ガーゼのハンカチを別に用意して(タオルハンカチよりも刺激が少ないので)、汗をかいた時用に、化粧室などでぬらして、特に気になる額や鼻すじ、鼻の下などいわゆるTゾーンをぬらす感じ、洗う感じで拭き取ります。洗えれば洗ってしまった方がよいですが、メイクの上からでも拭き取ってしまいます。

日焼け止めの強いタイプはこの程度では落ちませんが、メイクを落とすことが目的ではないので、そっとでかまいません。

できれば、小分けボトルに化粧水を入れて、あとパシャパシャとつけます。コットンでもいいのですが(含ませておくなど)化粧直しに時間をかけられない、めんどうということを繰り返すのは続かないので、なるべく簡単にします。

どうせまたお化粧はくずれてしまうからいいわ、という方は、このあと簡単にお化粧を直します。お化粧はしっかりと直したいという方は、このあと、日焼け止めと下地になるようなものか、オイル美容液などをうす〜く塗ると、乾燥を防げて、前よりもきれいにお肌ができあがります。

このほか、夏には、汗をかいたあとにお顔から蒸発する際に、肌の水分を奪ってしまう(冷房の中や扇風機などの風に当たるのも同様)ことで起きる、皮膚の荒れ、乾燥などによるかゆみ・赤み・ヒリヒリ、その刺激による湿疹などもありますので、注意が必要です。

対策として、普段、乾燥肌・成熟肌用のスキンケアラインを使用していたら、春夏だけ、敏感肌用のラインに切り替えます。ニキビケアなどに特化し たスキンケアラインは、お肌の乾燥を招くことがあるので、注意します。いきなりライン全部を変えずにになにかひとつの化粧品で試してみます。

いろいろやってみたけれど、かゆみ・赤み・刺激感、ヒリヒリ感、炎症が治まらないというときにはすぐに皮膚科へ行きましょう。

また、すべての化粧品をストップして、洗顔後に水を化粧水がわりにつけて、それだけにして、お肌のバリア機能が壊れていないかチェックしてみましょう。7分程度たって、ひりひり乾燥感が出てきたら、バリア機能が弱っています。

自分のお肌が自分で潤うことができなくなっている恐れがあるので、大事にケアしてあげましょう。

お肌が敏感に傾いたときに威力を発揮する、ハーバルパワーのビューティープレローションこちらです。ヘチマのエキス100%で、水を一切使用していません。ヘチマ液にハーブをたくさん入れてあります。お肌の鎮静、清浄などの整肌作用に優れています。