ハーブ園芸:ラベンダー苗の購入時期(季節)と賢く選ぶ方法。



 

ラベンダーについては、苗を購入するときに知っておくと便利な(有利な)系統と品種のまとめを、別項として掲載していますが栽培は実は、なかなか難しいものがあります。

買う前に知っておくと有利なラベンダーの系統と品種のまとめ。

購入して、すぐさまあっという間に枯れてしまうということももちろんありますが(根をどっさり切って鉢上げしたばかり、花がもうついているような立派で美しいラベンダーの鉢植えなどは危険度が高。見た目にあまりわからない、そうは見えないところが大きなハードルです)それよりも「結局枯れてしまった」「2、3年でだめになってしまった」というのがラベンダー栽培の難しさです。

性格にクセがあるというか、わがままというか、家に持ち帰ってからの生育場所が気に入らない場合も多いですし、そのほかちょっとしたことがきっかけでだめになることも多いです(たとえば、雨が三日くらい続くとか、日照が思わしくない日が続いたとか)。

日本では北海道などをのぞいて「梅雨」という大敵の時期もあり(湿気が苦手)、地中海原産の植物の気むずかしさパワー全開です。だいたいが多年生のもので、毎年花を咲かせてくれる「はず」、大きくなっていってくれる「はず」の小低木なのですが、何年も元気でいてくれにくいのがラベンダーです。

でも、それでも育てたいのがラベンダー。特に、園芸屋さんにお花(特にかわいい可憐なつぼみ)などがついたすてきなラベンダーの鉢などがあると、予定していないのに、いきなり欲しくなります。もちろん、そうした苗や鉢植えラベンダーも、ホームセンターラベンダーも元気に育ってくれるものもたくさんありますし、上手に育てる方もいらっしゃいます。玄関先などで元気なラベンダーを見かけると「ああ、水はけとか日当たりが気に入ったんだろうなあ、よかったね」と思います。

lavender-1727

プロやハーブの栽培が上手な方はいつ購入されてもだいじょうぶだと思いますので、わたしのようなふつうのレベルから初心者さんくらいの方がラベンダーの苗を購入する場合。





これからの秋の季節に、しっかりした小さめの苗を購入するのが一年で一番おすすめです。その次が春。でも、春はそのあと、ラベンダーにとって大嫌いな梅雨があるので、苗があまり育たないうちだと厳しいものがあります。また、そのときにつぼみなどがついているとよけい体力低下を強いられるので、できたら、その場所で季節を一巡させて、順応させて、しっかりとした苗に育ってから、梅雨に向かいたいと思うと春はちょっと控えておいた方がいいと思います。

この時期に花(つぼみ)がたくさんついていたりすると、それに近い時期に鉢あげされているかもしれなくて、そうすると根っこを切られていて、それがとても負担になっていて、園芸屋さんに並んでいる間くらいは元気でも、買って帰ったころから元気がじょじょになくなっていくということが多々あります。

秋に、小さめのしっかりしたつぼみなどのついていない、どちらかというと「これがラベンダーですか。花なんてほんとに咲くんでしょうか(ほんとに咲くかどうかはまた別。苗と本人の努力と運次第)」という風情の苗がおすすめです。安いものでいいので、小さくてしっかりしているもの。葉が枯れていたり、間延びしていたり、切ったあとがあるようなものではないもの。

できたら、ラベンダーの名札に学名が記入されているもの。

そういう苗は、だいたいが安いので(東京などでは高いのですが、高くても700円くらいまで。700円から800円くらい出すとけっこう大きめの苗があります。11月くらいだとそのくらいの苗=鉢といってもいいくらいも元気です)すが、勢いのある幼稚園児のような苗。

ネットの通販などを眺めていても、つい立派な大きめの苗をどんどん探すようになってしまうのですが、元気なのがポイントですね。

秋に購入して、冬を越します。冬越しはラベンダーの品種によって違いますので、別途調べてください(こちらにも少し情報があります)。日本の冬は乾燥していて比較的、地中海気候に近いので、管理も楽だと思います。

(できたらいきなり庭に植えずに日当たりや風通し、水はけなどの「好み」を確認してから植えると失敗が減ります。鉢植えは水はけや水切りなどや枯らしてしまう問題がありますが、ちょっと気にしてあげて)

冬を無事に越したラベンダーは、春にのびのびと(うまくいけば)大きくなり、春が過ぎて、つぼみをつけて、あのラベンダーになる「はず」です。

がんばりましょう。

涼しくなってきたら、園芸屋さんへ。

地植えのラベンダー
地植えのラベンダー