ヘルスケア・健康:眠気覚ましのハーブティーに入れるハーブ3種類



苦手なのに、深夜に起きていたり、眠いのに早起きをしなければならないときに。

あるいは、眠くてしょうがないときに、案外とうまくいく、眠気覚ましのハーブティー。

お湯を沸かしてラベンダーとミント(ペパーミントがおすすめ)とローズマリーのハーブティーを濃いめに煎れて、レモン1個絞ります。ちょっときつくなりますが、タイムも加えられたらパワーアップします。

コーヒーなどに入っているカフェインを取り過ぎたりするのは結局、身体に負担がかかってきます(ダメだというのではなくて)。

な〜んだ、こんな一般的なハーブかあ、効くわけないよ、とお思いでしょうか。

自然で、ナチュラルで、一般的なのが「効かない=使えない=ダメ」とは言えませんよね。これは先入観と偏見ですね。。。もったいないことです。。。

むしろ、昔から使われてきた当たり前のハーブだからこその底力がある、と思いませんか?





まだ思わない?

では、ぜひ試してみてください。

ハーブティーを淹れているときから香りの成分は鼻から吸収されます。

そして、ハーブティーを飲みながら、自分の感覚をいつもよりちょっと繊細にして、身体と心の様子を感じ取ってみましょう。

上のブレンドは、滋養強壮にも良いので、風邪気味のときや、疲れているときにもおすすめです。

なみきハーブガーデンのファインドライハーブ